“映画づくり、人づくり、まちづくり”
  • ブログ

“三河映画” THE FILMS COMMUNE

[ ブログ ]

2017/02/19
“初だし”映像公開!

小坂本町一丁目映画祭…
これは私たちの地元三河(豊田市)で
ほぼ毎年開催してきた映画祭であり
今回で第14回を迎える

この映画祭は
映画作品を通して
地元と全国の作り手をつなぐ
観客と作り手をつなぐ
そんな人との“つながり”を目的にした映画祭だ

普段自主映画を観ない方も
多いことかと思うが
一度観てもらえれば
きっと自主映画への見方も変わるはず

映画“Ben-Joe”は
2年前 この映画祭の会場で
制作発表を行っている

今回の映画祭でも
地元の方々に近況のご報告を兼ねて
“Ben-Joe”の予告編を
上映する予定だ

“Ben-Joe”の本編映像は
今までどこにも出してきていないので
今回が“初だし”となる

ご覧になりたい方は
ぜひ2月26日(日)に
映画祭会場へ

監督
岩松あきら

小坂本町一丁目映画祭

(写真は、小坂本町一丁目映画祭での“Ben-Joe”制作発表の様子)

83-1.jpg

2017/02/16
自主映画を始めた頃

クランクアップ
それは大いなる挑戦を
やり遂げた瞬間であり
仲間との別れの瞬間でもある

そんなクランクアップから
早一か月

監督は何をしているかといえば
当然のごとく
編集の真っ只中

同時にセットの解体をしたり
衣装・小道具の片付けをしたり…

そんな作業を進めながら
ふと自主映画の制作を始めた頃を思い返す

監督 脚本 撮影 制作 編集 美術 照明…
完成度の安定を求めるあまり
ついつい何でも自分でやってしまっていた
結局人を信じることが
できていなかったのかもしれない

でもそんな状態では
多くの人は集まって来てくれはしないし
自分の限界を超えることもできない
似たような規模の
似たような完成度の
作品が連なってしまう

三河映画第一弾「幸福な結末」では
1000人以上の人が関わり
第二弾「Ben-Joe」も同様
多くの人たちの協力を得て
クランクアップを迎えることができた

ひとりではできないことに挑戦し
頼りない自分をさらけ出すことを恐れない
そうなったとき
きっと人は集まってきてくれるのだろう

多少のボロがあっても
情熱のある者たちと
がむしゃらに突き進む
その方がひとりでコントロールするより
圧倒的に面白い

私にとって
三河映画の映画制作は
人を信じるための闘いであり
つまらないプライドを捨てる闘いでもある
そう言ってもいいのかもしれない

監督
岩松あきら

(写真は短編映画「IMOMUSHI」の撮影中の岩松監督)

82-1.jpg

2017/01/16
夢は見るもの 目標は叶えるもの

今までの役者人生
これからの役者人生

私は“Ben-joe”という
作品に出会えたことを
心から感謝します

本当にありがとうございました

クランクアップは
もう目の前なのに
なかなか天気が
味方をしてくれない

そんな中クランクインのことを
思い出していました

約1年前の自分
過去に戻り
会うことができるなら
不安でいっぱいな自分の
背中を思いっきり「バン」と
気合いを入れてやりたいくらい
今の自分は
精神的にも変われた気がします

制作段階でありながらも
こんなにたくさんの方に
愛してもらった作品になったこと

支えてくださった
たくさんの方々の暖かさ
手を差し伸べてくださった
多くの方々に感謝です

共に立ち向かい
最後まで諦めなかったキャスト仲間

そして
5年の月日
作品を想い続け
情熱を伝えた
三河映画のスタッフチーム

撮影をやり遂げて
私はもっといっぱい
夢を見たい

キラキラとした夢いっぱい
広がる未来へと進みたい

そして
目標を1つ1つ達成し
想いを叶えていきたい
そんなことを思いました

内容については
まだ語れないことが
多くあります

いつか皆さんに
お話できる日がきた時

監督と肩を並べて
皆さんにお話できたらなぁ
そんなことを思いながら
東京へ帰ります

主演“早紀”役
石川野乃花

81-1.jpg

2017/01/14
ついにクランクアップ!

残すところ数カット
あと半日曇れば
クランクアップができる
そんなところまで来ていた

いよいよ曇りの
天気予報をキャッチした
スタッフ・キャストは
撮影地の津具へ集結

私たちが現場に着いた頃は
青空が広がっていたが
西からどんどん厚い雲が近づいてくる

そしてついに曇り
撮影開始!
今日は行ける!

と思いきや
まさかの雪が空から舞い降りる

降り始めた雪はやまず
雪を誤魔化しながら
撮影を続行

その闘いは翌日も続き
雪が弱まったところで
ラストカットを撮影
ついにクランクアップを迎えた

長く果てしなく思えた闘いも
こうして終わりがやってくる

最後まで撮り切れたこと
共に闘った仲間たち
支え協力して下さった人たち

すべてに深く感謝しながら
スタッフやキャストが
記念撮影をする様子を眺めていた

終わりは始まり

ここからまた
私たちは新たなステップに向かって
突き進んでいくのだと思いながら

監督
岩松あきら

80-1.jpg

2016/12/11
幻のクランクアップ

12月の上旬の5日間の撮影
余裕をもってクランクアップができる
そんな撮影スケジュールを組んだ

この5日間の撮影は
前後のシーンのつながりから
すべて曇りねらい
天気予報では
その期間はほとんど曇りの予報
これ以上にないお膳立てができていた

しかしこの5日間で
実際に曇ったのは
わずか半日

そのうち1日は
撮影直前からの雨
天気予報では回復に向かうということで
雨に打たれながら
雨上がりの曇りを
待ち続けること2時間

雨が止んだと思った瞬間
まさかの晴れ
空には虹が広がった
愕然とするキャストとスタッフ…

このまま曇り待ちで
時間を浪費してしまうわけにはいかない

そこで連日
日没後のマジックアワー※と
日の出前のブルーアワー※に
曇り設定のシーンの撮影を行うことに

早朝撮影では
まだ星が見える頃から
撮影隊は現場に出発

山間部の撮影のため
朝夕の太陽が出ていない時間の
寒さは身にしみる

昼間には
事前に全カットを撮影して
練習をしておくことで
朝夕の30分から1時間の
わずかな時間に勝負をかけた

それでも
予定していた全カットを
撮りあげることはできず
予定していたクランクアップはお預けに

“Ben-Joe”チームは
年末年始の曇りをねらって
リベンジを果たすつもりだ

監督
岩松あきら

※マジックアワー:日没後の薄明かりの時間帯
※ブルーアワー:日の出前の薄明かりの時間帯

79-1.jpg

2016/11/21
ゴールは何処か

三河映画の映画づくりは
“いい映画をつくる”ことだけが
ゴールではない

“人との繋がり(まちづくり)”も
コンセプトの中心に据えている

もしも“いい映画をつくる”ことだけが
ゴールになってしまっていたら
無理な協力をお願いする場合
“今回の映画制作だけでもうまくいけばいい…”
なんて考えが浮かんできてしまい
関わった人との人間関係は
打算的になってしまいがちだ

映画をつくることで
様々な人と出会えたこと
映画をつくっていなかったら
出会えなかった人たちと出会えたこと

こうした“人との繋がり”から
得た喜びを味わいつつ
“これからも人として
 繋がり続けたいと思ってもらえているか“
“人と繋がることの喜びを
 互いに感じられるような関係を築けられているか“

そんな思いを常に忘れず
我が身を振り返っていきたい

今回は協力をしたけども
“もう三河映画とは繋がりたくない…”
なんて思われるような関係ではいけない

今回の映画制作を通して関われた
人たちとの関係は
あくまで“始まり”であり
これからもずっと続いていくのだ

関わった人たちと
映画制作期間中だけの関係になり
困った時にだけ助けを求める
そんな打算的な映画づくりにはならないよう
肝に命じておきたい

監督
岩松あきら

(写真は三河映画第一弾「幸福な結末」の記念写真)

78-1.jpg

2016/11/18
天気待ち

愛知県設楽町津具
ここでのセット撮影が
ひと段落してはや4か月

秋から冬にかけての
屋外のシーンの撮影のため
再び津具などの山での
撮影が始まった

屋外の撮影で大変なのは“天気”!

映画のワンシーンは
複数のカットで構成されていて
天気や光の具合を
統一する必要がある

しかしこればかりは
人間のコントロールの効くものではない
そのため天気が理想の状態になるまで待つ

巨匠黒澤明も理想の映像を撮るために
“天気待ち”を何時間もしたらしいが
“天気待ち”のせいで
撮影が順調に進められず
雨で撮影できないとなれば
スケジュールが丸一日
潰れてしまうことだってある
それでも粘り強く天気を待つ

時にはゆっくりと流れる雲を
焦ってもしょうがないと
みんなで見上げる穏やかな時間も
撮影の醍醐味である

晴れ間が見えた瞬間…
「今だ!」と
現場のスタッフ・キャストが
素早くまとまる

大事な一瞬を逃さず
監督の声が響く
“よーい スタート!”
こうして撮影は
着実に進められていく

助監督
高橋ゆな

77-1.jpg

2016/11/14
迷惑はかけるものでしょ

周りに感謝する気持ちを忘れないように

こんな説教くさいことを言われると
そんなこと分かっているよと
熱苦しく思いつつ
協力をしてもらうことを
ついつい当たり前だと思って
感謝する気持ちを忘れてしまいがち

私も三河映画で映画制作をするまで
その中のひとりだったと思う

しかし三河映画を始めてから
当たり前では片付けられない協力が多すぎて
考え方が大きくと変わってしまった

例えば
今私はこのブログを
撮影地の津具の山の中で書いている
地元の方の家のこたつでである
(※津具の山はもう真冬のようなのだ)

夏の合宿が終わり
合宿所を引き払ってしまったため
今は撮影中寝泊まりする場所がないのだが

そのことを知った
地元のおばあちゃん
(みんな愛情を込めて“ばーば”と呼んでいる)が
いつでも泊まりにおいでと
声をかけてくださったのだ

そこで私たちは図々しくも
10人以上のキャスト・スタッフが
日々寝泊まりして
撮影に臨んでいる

この一週間
朝昼晩“ばーば”が
美味しい食事を用意してくれ
私たちの滞在を知った
近所の方たちも
山ほどの差し入れをしてくれる
撮影が終わって帰れば
いつも温かいお風呂が沸いている

見ず知らずの私たちに対する
こうした協力に
当たり前だと思えるはずがないわけで
本当に“ありがたい”という気持ちで
胸がいっぱいになる

多大な協力を前にして
自然に感謝の気持ちが込み上げてくる
そして
その意識が生まれると
ふとした日々の協力にも目が向き
感謝する気持ちが芽生えてくる

だから
“周りに感謝する気持ちを忘れないように”
なんてことは
わざわざ言う必要はないと思う

私たちは
周りにあまり迷惑をかけてしまっては
申し訳ないとか煩わしいとか思って
小さな協力に収め
その分妥協をしてしまう

互いに遠慮し合って
人との関わりが希薄になるくらいなら
“迷惑はかけるものでしょ”
なんて開き直る図々しさも
時にはあってもいいのではないだろうか

そうすれば
自分たちの思いを遂げることができ
人の温かさへの感謝の気持ちも深まり
人との繋がりをより
深く大切にできるようになるのではないか

私もただ日常生活を送っているだけでは
このことに気づかなかったかもしれない

映画をつくることで
大きな協力を得たり
迷惑をかけたりしながら
気づくことができたのだと思う

迷惑をかけながら人と繋がる
そんなことがあってもいいじゃないか

監督
岩松あきら

※愛知県設楽町津具で三河映画は撮影を行なっている

(写真は津具でお世話になっている“ばーば”宅にて)

76-1.jpg

2016/10/30
珈琲は力なり

私は意志の弱い人間だ
家にいるとだらけて
仕事ができないのだ

教員時代も
仕事が終わって帰宅すると
テレビを見ながらビールを飲んで
あっという間に寝る時間になってしまう…

したがって
職場からの帰路にある喫茶店で
毎日映画の準備をしていた

仕事で疲れていても
風邪をひいてるときも
落ち込むことがあっても

帰宅途中にある喫茶店の駐車場へと
ハンドルを切るのが
私の日々の闘いであった

どうにも気分が乗らない時には
作業がはかどらなければ
珈琲を飲んで帰れば良いと
自分に言い聞かせて
ハンドルを切る

そんな時でも
いつもの席に座れば
不思議と集中して作業ができるのだ

こうして
「幸福な結末」も「Ben-Joe」も
喫茶店で準備を進めてきた

私の場合
継続は力なり=珈琲は力なり
なのである

「Ben-Joe」の撮影の合間の今日も
いつもの喫茶店の
いつもの席にいる

監督
岩松あきら

(写真は、監督行きつけの喫茶店のいつもの席から見える景色)

75-1.jpg

2016/10/15
1年がかりの仕込み

慣れ親しんだ津具のセット撮影から
ロケ撮影へ撮影隊は移行

名古屋での撮影を終え
今週から山間の農園での撮影が行われている

この農園での撮影は
単に農園をお借りして
撮影をしている訳ではない

実は
1年以上前から打ち合わせを行い
“Ben-Joe”の脚本を元に
撮影プランにあった農作物を
撮影時期に合わせて
計画的に育てていただいてきた

そして
満を持しての撮影なのである

撮影をする農園の場所も
山の中ではいけなかったため
もし三河映画のスタッフが育てることになっていたら
通うだけでも大変なことになっていただろう

野菜を育てていただいただけでなく
農機具や衣装についても協力いただき
そして
打ち合わせに行く度に
いつもお土産に野菜をいただいたり
お米を協賛していただいたり

ほんとに感謝なのである

三河映画の撮影隊は
どこに行っても
温かい人ばかり
とても恵まれている

監督
岩松あきら

74-1.jpg