“映画づくり、人づくり、まちづくり”
  • ブログ

“三河映画” THE FILMS COMMUNE

[ ブログ ]

2017/05/10
役者から見える景色 (助監督編)

三河映画の助監督の高橋佑奈
彼女も三河映画に
すべてを懸かけたひとりです

彼女は当初役者として
三河映画のオーディションを受け
私が演じた早紀役に志願していました

キャスティングはされなかったものの
そのままスタッフとして参加
大学卒業後もそのまま居残り
クランクアップまで
三河映画を支え続けました

合宿所で私は
いつも彼女と隣同士で寝ていました
まさに寝食共にした仲です

そんな彼女が
三河映画の仲間と共に闘い
歯を食いしばる姿を
幾度となく見てきました

彼女はどんなに壁にぶつかろうと
「やります!」
「やらせて下さい!」
と言い続けてきました

どうしてそこまでしてまで
闘い抜こうとするのか
いっそ逃げ出してしまえば楽になるのに
とさえ思うこともありました

でもそれは
監督をはじめ
熱い想いを胸に闘う
三河映画のメンバーに出会えたこと

成長したいと思う
彼女自身の熱い気持ち

そんな周りと自分の熱さが
きっと彼女を
突き動かしていたのだと思います

また彼女が助監督として
撮影現場に居ることは
正直私にはプレッシャーでした

早紀役をやりたかった人が常に
目の前で演技を見ているのです

毎日必死で闘っている
彼女を見ていると
彼女には負けないように
私もがんばらないといけない

こんな早紀じゃ
きっと彼女は納得しない!
彼女が納得しなかったら
お客さんには絶対に伝わらない!
そんな思いを心に
全力で早紀を演じ続けました

だから
私が力一杯早紀を
演じることができたのは
涙しながらもがむしゃらに
闘い抜いた彼女が
そばにいてくれたからなのです

今は役者同士として
熱く語り合える仲間です

早紀

96-1.jpg

2017/05/02
役者から見える景色 (地元の方たち編)

三河映画は
愛知県三河を中心に
いろんな地域の方の協力あって
成り立っています

私自身も実のところ
撮影が始まった頃には
そのことをよく分からないでいました

撮影が進みロケ地を巡るごとに
そのことをひしひしと感じていったのです

撮影に明け暮れた一年半
たくさんの方々が
手弁当で映画制作に打ち込む
私たちを支えてくださったおかげで
幸せな映画づくりができました

今回はその一端ではありますが
合宿撮影を行なった
津具でのお話をしようと思います

“Ben-Joe”のクライマックスシーンは
丸々3日間朝から夜まで使って撮影されています
このシーンで重要な役割を占めていたのは
大量の消えもの(※)の存在でした

これらの消えものは
地元津具の方々が
早朝から集まってスタッフと一緒になり
用意してくださったものなのです

だがしかし…
1日目の撮影が終わり
私と監督は話し合った末
同じシーンを違うアプローチで
もう一度撮り直したいと提案したのです

撮影時間が延びるだけでなく
大量の消えものの準備のことを思うと
簡単には受け入れられない提案だったと思います

しかし
撮影現場のスタッフはもちろんのこと
地元津具の方たちも口を揃えて
「やりましょう!」と対応してくださいました

この人たちは神様なのか?

そう思うほど
たくさんの方たちの理解と努力で
私たちは最後まで闘い抜くことができました

津具の方々への感謝は
この1シーンの撮影のことだけではありません

撮影中ずっと
食事の準備や差し入れをしてくださり
(津具のトマトが本当に美味しい!)
ロケ地の協力に
衣装や小道具の貸し出し
夏は合宿所の提供
秋から冬には長期間の宿泊…

こんなスペースでは語り尽くせないほど
たくさんの方の思いが詰まっている作品でもあります
本当に本当にありがとうございました!

早紀

※消えもの:
 使うと消耗して一回しか使えない小道具。
 ここでは飲食物のこと。

95-1.jpg

2017/04/27
三河映画 第3弾!

先日郵便受けにドサっと
電話帳のような厚さの郵送物が届く

中を開くと
ゲラ刷り段階の小説の原稿だ
“探偵もの”のような“弁護士もの”

読んでみると
これがすこぶる面白い
老若男女が楽しめる
エンターテイメントに仕上がっており
そしてラストには
予測不能の結末が待っている…

“これを映画化しないか”

THE FILMS COMMUNEの
プロデューサーから連絡が入る

二つ返事で首を縦に振ったものの
これがまさかのシリーズものであり
すでに手元には第7話までの原稿がある

そんなこんなで今
“Ben-Joe”の編集の合間を縫って
同時に新作の絵コンテも切っている

小道具制作チームや
ロケハンチームも動き出した

詳細については
近々発表できるかと思うが
今書けるのはここまで

ということで
乞うご期待!

監督
岩松あきら

94-1.jpg

2017/04/22
役者から見える景色(メイク・特殊メイク編)

三河映画第一弾の制作から
ずっと関わっている
メイクの岩井菜摘
通称“なっちゃん”
三河映画のベテランスタッフです

“Ben-Joe”は
季節をまたいだ長期撮影
順撮りではなく
ロケ地や季節により
撮影順が行ったり来たり

ストーリー展開や
キャラクターの心情に合わせて
メイクも細かく変化します

それを間違いなくメイクするため
メイク担当は
“メイクシート”たるものを
常に持ち歩いています

メイクについての詳細が書かれた
それが“メイクシート”

台本から読み取られた
キャラクターを元に
監督と役者と衣装担当
それぞれとのイメージ合わせよって決められた
メイクや髪型
時には特殊メイクも含めて
記録されています

例えるなら料理人における
秘伝のレシピのようなものでしょうか

それは役者ひとりひとりに対して用意され
何十枚にも及び
キャラクター表現の手助けをしてくれる
大切なものです

なっちゃんは
単なるメイク担当ではなく
私の信頼すべき
パートナーでもありました

長時間の撮影
夜通しの撮影などが続くと
どれだけ気をつけていても
体調の変化に悩まされましたが

彼女はいつもそばにいて
ちょっとした変化も見逃さず
その時々に
対処サポートしてくれました

時には声が出なくなり目が腫れ
顔がむくみ
激しく痩せていく…

なっちゃんがいなかったら
この過酷な撮影を
やり遂げることは出来なかった
そう言い切れます

彼女は
作品に対してはもちろんですが
人に対する気遣いが半端ないのです

この人間力はおそらく
三河映画で培ったものでしょう
彼女は三河映画に育てられ
その彼女に私は助けられたのです

そんな彼女は
撮影が終わった今も
私の大切なパートナーです

早紀

93-1.jpg

2017/04/17
役者から見える景色(制作チーフ編)

私が三河映画を知ったのは
約2年半前のこと
三河映画ホームページにあった
“Ben-Joe”の予告映像でのこと

そこに映っていた役者
坂本由佳

画面を通して
私が最初に出会った
三河映画のメンバー

本人を直接見たのは
制作発表当日
制作チーフとして駆け回る彼女だった

“Ben-Joe”では
役者でありながらスタッフとして現場に関わる
そんなメンバーが三河映画には何人もいる
彼女もその1人であった

三河映画との出会いには
ひとりひとりのドラマがある

なぜ役者ではなくスタッフとして
今回の“Ben-Joe”に関わる決意したのか?

私は彼女たちの口から
直接聞いたことはありません

でもわかります

私が見てきた
三河映画のメンバーたち
誰もが最後まで
やり遂げようとする“覚悟”がある
その“覚悟”こそが
彼女たちの決意の理由そのものではないかと

どんな関わり方であっても
“覚悟”を貫ける人間になること

これこそが
三河映画のメンバーの
決意なのではないかと思います

だから彼女たちは
自らの気持ちを
自分自身のしっかりとした行動で
示していたのだと思います

その“覚悟”を世界へ
夢を見続ける全ての人に伝えて欲しい

いい映画とは
全員が同じ方向を見ている
そんな姿の向こう側にあるのです

そして私が早紀として
画面の中で生きるベース
それは
彼女が演じた早紀なのです

早紀

※写真は、撮影のケイタリング準備中の制作チーフ:坂本由佳

92-1.jpg

2017/04/14
役者から見える景色(カメラマン後編)

“Ben-Joe”では
納得のいくカットが撮れるまで
テイクを重ね
ベストを決める!
そんな撮影をしていました

そんな中
私にはどうしても撮り直しをせず
“一発OK”にこだわりたい
そんなシーンがありました

リハーサルでは全力では演じず
「本番どうなるかわからない」と言い
本番でも「きっと一回しかできない」と言い

カメラマンの頭を
抱えさせたことと思います
すみません…

脚本と同じ状況で
早紀が初めて経験することを
私も初めて経験したくて
一回目にこだわりたかったんです

無心になり
感情と精神も追い込み
一回しかできない体力の限界に
挑戦してみたかった

気持ち
体力
環境…

全てが整うまで
カメラの前で
スタッフとキャストの全員がスタンバイ

監督と私のアイコンタクトで
撮影がスタート…
そして無事撮影は終了

「一回しかできない」

それはカメラマンには
「一回しか撮れない」ということ

そんな状況下でも信じることができる
絶対に最高のカメラワークで撮ってくれる
カメラマンとそんな信頼関係がなければ
この撮影には挑めなかったと思います

私がなぜカメラマンの沓澤を信じていたのか

それは
深夜 早朝問わず
みんなが休む中
寝る間を惜しんで
カメラテストを繰り返したり
リハーサル映像を繰り返し見たり…
そんな努力を重ねて
彼はいつも撮影本番に備えていたから

合宿での撮影中
私が目覚めると
スタッフルームの椅子で
パソコンの映像を目の前にして
倒れ込むように眠っている

布団で眠っている姿よりも
パソコンの前で眠っている…
そんな彼の姿を見かける朝の方が多かった

だから
私は彼を信じて
撮影に臨むことができたのです

“Ben-Joe”は
彼のこんな積み重ねの努力の積み重ねで
全てのシーンが出来上がっています

彼だけでなく
“Ben-Joe”のスタッフは
集中して演じられる環境を
とことんつくってくれました

“いい映画をつくる”ためと
高め合いがんばる背中を
いつも私に見せてくれました

そのおかげで私は
全力で撮影に
臨むことができたのです

彼らには言葉では表せない
“想い”“感謝”があります

「ありがとう」

早紀

91-1.jpg

2017/04/10
役者から見える景色 (カメラマン前編)

先日のブログで
ピックアップされた
私の“Ben-Joe”舞台裏

その周りには
“いい映画をつくる”一心で
役者を支え
作品づくりに立ち向かう
スタッフそれぞれのドラマがありました

オーディションにリハーサル
そして本編撮影と
私が演じる「早紀」とすべてを共にし
カメラを回し続けたカメラマン沓澤武志

そんな彼にも
たくさんのドラマがありました

映画制作には
マニュアル何てものはつくれない

リハーサルや準備を万全にしても
テスト撮影を念入りにしても
撮影本番では
思い通りにはいかないこともある

それは
準備を上回るものを
めざして闘うからです
いい意味での
“欲”なのかも知れない

しかも
撮影現場には魔物が住んでいて
思いもよらないことが起きたりもします

そんな多くの問題の
ひとつひとつに対応していくこと
本当に大変だったことと思います

これらの問題以外にも
実は私の“こだわり”が
カメラマン沓澤を
苦しめたことがあります

そのことについては
次回のブログで紹介します…

早紀

90-1.jpg

2017/04/06
もう春

4月と言えば
1年間の中でも多くの人の節目
“出会い”と“別れ”の季節ですね

昨年2016年3月6日の
クランクインから早1年
無事にクランクアップを
迎えることができた三河映画

私の三河映画への想いは今
“別れ”から“繋がり”へと
変化しています…

何故“繋がり”と変化していくのか?

それは三河映画の場合
“はじまり”も“おわり”も関係なく

「いい映画をつくること」

この想いがずっと変わらず
続けいているからだと思っています

映画が完成する未来も
決して“おわり”や“ゴール”ではない

今「いい映画をつくる」は
「いい映画を届ける」と変化し

今後もこの想いは続くのだろう
そう想像させる程
三河映画の想いは強い

そして私も
役者としてみなさんに
「いい映画を届けられる」その日まで
責任をもって
この熱いメンバーと共にしたい

まだまだ“別れ”ではなく
“繋がり”続けていたい
そう思っています

早紀

89-1.jpg

2017/03/24
未投稿ブログ発見!

パソコン内を整理していたら
未投稿のブログを発見
日付は2015年9月30日

今から1年半前
まだリハーサル前の時期

いくつもの大きな問題を抱えながら
前に突き進んでいた頃である

それらの問題を全て解決した
今となっては懐かしい思い出だが
今回はそのブログを掲載しておきたい

-----

「ゴジラ退治」

三河映画の映画制作というものは
巨大なゴジラを倒すようなものだ

そのパワフルなゴジラ相手に
我々メンバーは日々死闘を繰り広げていた

ところがあるとき気づいた
その巨大なゴジラと思っていたものは
実はゴジラそのものではなく
ゴジラのしっぽの先だったと

トカゲのしっぽのように
勢いよく動き回る
ゴジラのしっぽの先と
闘っていたに過ぎなかったのだ

我々は目の前の敵に
必死になり過ぎていて
顔を上げる余裕がなかった

ふと頭を上げてみたら
その巨大な足が見えてきて
次第に胴体が見えてきた

その本当の大きさが見え始め
恐れおののいた

そして
その姿が見え始めると同時に気づいた
ゴジラというのは
我々が憧れていた“夢”だったのだと

我々が夢をしぼませれば
ゴジラは見る見るうちに
弱小化させることもできるだろう

巨大なゴジラが猛威を振るっているのは
我々の夢が大きな証拠である

そのゴジラを大きく育て
その闘いを大いに楽しむ
それが我々の映画制作なのだ

岩松あきら

※画像は「HD Wallpapers」より

88-1.jpg

2017/03/17
虚構ながらドキュメント

“Ben-Joe”は
壮絶な日々を過ごした
女の子の実話を元にしている

よって
それを演じる女優も
ヒロイン同様
壮絶な人生を
生きなければならない

当然のごとく
体当たり演技を余儀なくされ
1日中走り続けたり
3日間 川に入り続けるくらいは当然のこと

棒で叩かれるシーンの撮影では
誤って棒が彼女の身体に入ってしまい
「カット!」のかけ声と共に
その場に崩れ落ちる事故にも見舞われた

彼女の脚は
黄色や紫色に腫れ上がり
夜中の撮影だったため
翌朝 すぐ山を下りて
病院へと運ばれた

半日後 彼女は
笑顔で撮影現場へ帰ってきた
そんな彼女を見て
その精神力の半端なさに感心させられた

唇を縫うシーンでは
特殊メイクチームが彼女の顔を型取りし
作り上げたマスクを使用して撮影する予定であった

しかし彼女は
自らの唇を縫ってやりたいと言い出した
さすがにその選択肢を選ばなかったものの
彼女の本気度には頭が下がった

また熱演が極まり
文字通り撮影中に発熱することもしばしば
撮影の待ち時間に
セットの隣の機材置き場に敷かれた布団に
倒れこんでいる姿は今でも目に焼き付いている

クライマックスの撮影では
あまりに過酷な撮影のため自分を追い詰め
過呼吸に陥ってしまい
撮影が中断されることもあった

“Ben-Joe”は虚構であるが
体力そして精神力の限界に挑戦した
彼女の記録でもある

スタッフを信頼をして
最後までやり遂げた彼女に
多大な感謝と敬意を示したい

監督
岩松あきら

87-1.jpg