夢の種

私たちは自主制作体制で
映画をつくっている

誰にも頼まれず
好きで映画をつくっている

商業映画とは違い
予算はないが制約もない

おかげでリスクを恐れず
チャレンジをすることができるのだ

大きなチャレンジは
大きなチャンス(夢)を生み出す
チャレンジは夢の種なのだ

夢が育てば
チャレンジをする情熱が
さらに湧いてくる
この情熱という栄養が
夢をさらに大きくしていく

チャレンジを繰り返せば
自ずと夢だけでなく
人も成長していく

映画づくりを通して共に闘い
自らと夢を成長させることで
キャスト・スタッフは
真の仲間となっていくのだ

そんな思いを抱きながら
改めて私は自らに投げかける

リスクを恐れるな
保証を求めるな

チャレンジという種を
蒔く覚悟を決めよ

その種から生まれた夢が育つことで
人が成長していくことを忘れるな

新たな種まきの日は始まっている

監督 岩松あきら