監督からの電話

映画「Ben-Joe」の
トライアル上映のため
今 新幹線で
東京から大阪へと向かっています

遡ること2019年
せわしない年末

こまめに監督から連絡が
来るようになりました

その連絡のどれもが
上映に向けての
最終段階に入る様子を
伝えるものでした

嬉しかった…

この気持ちを単純には
言葉にできないけど
私の中にいる“早紀”が
やっと本当に
存在出来る気がして嬉しかった

実は監督からの連絡前から
三河映画のスタッフから
「Ben-Joe」の進捗は聞いていたんです

撮影が終わってしまった役者に
作品が公開されるまで何が出来るのか

監督の電話を切る時

「私にできることがありましたら
 なんでもおっしゃってくださいね」

いつもそう言って
電話を切るのですが
実際にはなかなか
力になれていないです

だからこそ
カメラのRECボタンが
押されて切れるまでに
演技で全てを出せるように
向き合っていなければいけないんだと
改めて感じています

映画「Ben-Joe」は
それがやり切れた作品だと思っています

ヒロイン・早紀役 石川野乃花