作品を観てもらう瞬間まで

※セットで役者と談笑する荒川さん(右)

準備 撮影 編集と
監督のそばで
作品が出来上がっていくのを
ずっと見てきた

そのせいもあってか
より客観的に作品を
観られたように感じる

観終わった直後は
完成したという
感覚はあまりなく
まだ修正箇所を探していた

よく映画を観る時
その後の展開を
予想しながら
見てしまいがちだ

しかしこの作品は
次の展開を考えるスキを
なかなか与えてくれない

自分は編集まで関わって
何度も観ていたはずなのに
それでもつい見入ってしまう
そんなシーンがいくつもある

まだ作品を観ていない
スタッフ・キャストは
もちろんのこと
何も知らない一般の方に
とにかく観てもらいたい

「作品はお客さんに
 観てもらって初めて完成する」

とよく言われるが
もしそうだとしたら
この作品はまだ未完成だ

公開に向けて
やらなければいけないことはまだある
作品を観てもらう
その瞬間まで気は抜けない

助監督 荒川慎吾